「天国と地獄 ~サイコな2人~」第3話 感想

 今回は日高(高橋一生)の外見はしているけれど、中身が彩子(綾瀬はるか)だとよく分かる場面が多く、お話も革手袋を廻ってハラハラする刑事ドラマって感じでした。
 河原(北村一輝)たちは東京~岩手のトラックの走行ルートを調べ、車体の上に手袋が乗っている事を写真で確認します。
 捜査範囲を広げ大掛かりな形で手袋を探し始めました。

 日高(高橋一生)は皮手袋が見つかったら自分の指紋と被害者のDNAが検出され、犯人と確定してしまうので八巻(溝端淳平)に指示します。落し物として集められた皮手袋の中から、日高のを見つけ出し同一ブランド、同じカラーのものとすり替えるように。
 こういうやり取りの中、八巻に対して言い過ぎた事にすぐ気が付き、謝る日高。
 自分が何もできず無力だと落ち込んでしまいます。
 警察内部に入れないから当然ですけど。

 八巻は命令され怖気づいてしまう気の弱い部下。
 でも彩子想いの感じがよく出ています。
 先輩刑事の事を気にかけて、従い付いて行ってます。
 心優しい八巻。
 でも証拠の手袋、右と左を間違えて入れ替えてしまいます。^^;

 こういう彩子(中身が)と八巻の関わりが微笑ましい感じで伝わってくる場面が多く、第3話は見ごたえもありました。

 奄美大島ではこれといった収穫はなかったものの、日高が訪れていた写真を発見。「シヤカナローの花」については単なる言い伝えと島の人はそれほど詳しくありませんでした。
 海岸で石に触っていると島の人に不吉だからと言われます。 

 そして被害者のDNAが検出されず、その原因がバクテリアによるものだと科捜研から報告があります。
 彩子がわざと手袋を見つけるように協力し、その上で検体に操作したのではと疑う日高。

 手袋による追い詰められた状況はこれで収まります。
 
 ところが、日高のスマホに映像が送られてきます。

 彩子(綾瀬はるか)がゴルフクラブで吊るした人を打つ画像でした。

 これまで日高と八巻の温かみのある捜査上のやり取りが描かれたそのラストに陰惨な猟奇殺人のシーンが…。

 入れ替わって元に戻っても、彩子が犯人になる…?


あらすじ Yahoo!テレビより
彩子(綾瀬はるか)が日高(高橋一生)の姿になったことに、後輩の刑事・八巻(溝端淳平)が気付いた。八巻の協力で、彩子は鹿児島・奄美大島の伝説に出てくる「シヤカナローの花」が入れ替わりに関わっている可能性を知る。その花を見つけるため奄美大島行きを決めた彩子だが、その前に日高の殺人の証拠になる革手袋を日高本人や河原(北村一輝)らよりも先に見つけ出そうと考える。