「ラッキーセブン」最終回感想

あらすじ 公式サイトより
時多駿太郎(松本潤)は、何者かに連れ去られた藤崎瞳子(松嶋菜々子)の行方を捜査してほしいと警察署に駆け込むが、桐原由貴(吹石一恵)に断られてしまう。

駿太郎は、負傷し入院中の旭淳平(大泉洋)にそのことを報告、淳平は警察に八神コーポレーションと通じている者がいるからだ、八神コーポレーションの八神景介(鹿賀丈史)こそが、瞳子の父・眞人が死の直前まで調べていた男だと話した。

その後、駿太郎らを前にした筑紫昌義(角野卓造)は、16年前、弁護士だった眞人が八神の土地買収にまつわる不正の証拠を掴んだ直後に、不審な死を遂げたのだと明かした。そんなとき、駿太郎、筑紫、水野飛鳥(仲里依紗)、茅野メイ(入来茉里)の携帯電話に、瞳子を誘拐した犯人からメールが届く。犯人は、瞳子と引き換えに眞人の手帳を渡すよう指示。その後、指定場所で飛鳥が待機していると、駿太郎にボディーガードを頼んだ史織(夏帆)が現れ手帳を受け取った。史織は、バイクに乗った男にそれを手渡した。

男を見送った駿太郎らは、手帳に付属した万年筆に仕掛けたGPSで手帳の行方を追う。追跡を続けるとGPSは、海上の客船の上で止まった。早速、駿太郎と飛鳥は船内に潜入する。

その頃、船内に拉致されていた瞳子の元へ、手帳を手にした男(永井大)が現れた。それは、瞳子を付け狙っていた男だった。やがて万年筆のGPSに気づいた男はそれを破壊、船内に侵入者がいると確信し、それを捕らえるよう部下に指示。すると、男たちが現れ駿太郎を取り囲んだ。そのなかに、あろうことか新田輝(瑛太)がいて…。



 瞳子を救い出し、16年前の事件の真相を調べる事に。

 手帳の持ち主の欄に槙谷徹元参事官の電話番号が書いてある。
 問い合わせると落し物として届けられていた。
 公園の砂場に落ちていたらしい。
 八神コーポレーションの本社ビルの前だった。

 3月5日。藤崎弁護士の死亡推定日。

 瞳子は父の誕生日に万年筆をプレゼントした。

 インクの文字色の違う記述を抜き出してみる。

 重なった文字をインクの色で分けると「ジンジャの中」という言葉が。

 衛星写真で観るとビルの屋上に鳥居の影が。

 潜入してみることに。

 

 あの日、父は八神に自首を勧めに来たと瞳子は話す。

 神社の中に証拠品を隠した。手帳は電話番号を書いて外に投げた。

 駿太郎たちはTYGと書いてある鍵を見つける。

 貸し金庫の鍵だった。

 追い詰められた駿太郎、飛鳥、淳平。
 淳平は鍵を落とす。

 貸し金庫にはテープなど証拠品の数々が。

 八神は逮捕され、事件は解決。

 淳平は桐原由貴に3分時間をもらえた。

 「俺って向いてると思います?この仕事。」駿太郎は尋ねる。

 「もちろん。」と瞳子。

 新田は戻ってくる。

  
 
 最終回でした!
 瑛太も登場して7人全員でひとつの捜査に当たりました。
 連携が取れてましたね。

 瑛太登場って事でアクション物ですよね、やっぱり。

 足捌きが華麗です。(^▽^)

 松潤も永井大に勝つなんて凄い!ww

 とてもすっきりまとまった最終話だったと思いますが。

 全編通すと瑛太が突然出演しなくなったり、松嶋菜々子はラスト近くでやっとエンジンがかかったような存在になったり、バランス悪かったなぁと。

 撮影期間が短いのかなぁ。
 長ければそれぞれ何とかスケジュールを調整できるだろうし。

 大急ぎで創った感がありますよね。


 瑛太もだけど仲里依紗も主役級の扱いでしたね。
 登場時間も長く目立ちました。
 コスチュームをとっかえひっかえどれだけ着替えたんだか。
 とにかく衣装さんの力の入り方が…違うの分かりますよね。
 ビビットカラーが楽しく派手でとても通勤着とは思えないような。w



 飛鳥の衣装はぶっ飛んでたけど、ストーリーは無難でした。
 
 まあまあな月9でしたねぇ。(^^ゞ
 気楽に観れたかなぁ。






 第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
 第6話  第7話  第8話  第9話


"「ラッキーセブン」最終回感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント