テーマ:生活

異様なアプローチ~発達障害の女

 5月2日(火)8時30分、ミーティングが終わって、私はすぐに部屋を出ました。  人数が多かった事もあって、息苦しく感じてたんです。廊下を早足で歩く私をHさんが追いかけてきました。  私がトイレへ行くからとそっちへ向かうと、Hさんも付いて来ました。  洗面台の前で、他の自助グループの話を少ししました。  皆と一緒に○○阪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

条件付きのお誘い~温度差のある二人

 先月仲間のHさん(女性)に携帯のメルアドを聞かれて教えました。  2日後にメールが届いて、結構長い文章の後、「食事に行きませんか?」別グループのAさん(女性)に「誘われたんですけど。」ってありました。  ただ「4人くらいで行きたい。」「あと二人募集中です。」ともありました。  ミーティングの後のフェローではなく、休日全くのプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼と歯の定期検診

 先月、19日に眼科の定期検診。  そして8月3日は歯科医院の定期検診がありました。  どちらも半年ぶりです。  特に悪くなったところは無いと診断され、通常の検査を受け、歯医者さんではクリーニングしてもらいました。  次回はどちらも3か月後です。  覚えやすくていいです。  それぞれバラバラよりは集中できる気がします…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近距離な二人の遠い約束

 今日は!  先日Hさんから、○○のレストランでランチのお話がありました。  どうしても4人揃わないとダメみたいで、ちょっとどうしようかと思ってたんですけど、他に受けて下さる仲間は見つかったんですか?  Fさんの名前も挙がっていましたが…。  HさんとのEメール、日曜日は携帯の小さな画面でのやり取りが限界を超える前にスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不機嫌な女と対処できない女

 子供の頃、両親のケンカが始まると私は何も言えずに固まっていた。父親の競艇場通いが母に知れ、言い争いが始まる。子供の私にはどうにもできない状況だ。  母の甲高い声、責め立てる声、金切り声に身がすくんだ。  静かになったところで両親が仲良くなるわけではない。  重苦しい険悪な空気だ。    私はそうやって他者のトラブルの渦中で成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

B子さん(仲間)へのメッセージ Ⅱ

 当日の朝、呼び出せるのは社会通念上、女王様の立ち位置の人です。  目下の者が目上の人をその日の朝、呼び出すなんてまず有り得ないですから。  相手にも生活があって、その日の予定がある事を分かってないし、考えようともしてない。   『配慮の欠如』です。  そして、呼び出しに応じる応じないは『相手の領域』。  A子さん、完全に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

B子さん(仲間)へのメッセージ

 B子さんへ。  最近ミーティングで会えてないので、Gメールを送る事にしました。  私は過去3年間に5回「どこに住んでるんですか?」とA子さんに聞かれた事があります。  その都度答えてはいたのですが、「ああ、この人は私には興味ないんだなぁ。」と感じていました。  自助グループに通い出して、ACは人間関係をゼロか100かで捉え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A子さん(仲間)へのメッセージ

 2月にミーティングの招待メールをいただきました。返信メールを送りましたが、いろいろ説明不足なところがあったので、今これを書いています。  私は土曜の晩、仕事帰りに近くのスーパーで2割引き、4割引きになったお惣菜とかおかずを買う事がよくあります。  11日の土曜日も何品か買い込んで帰宅しました。  それをその日の夕食、そして次の日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリギリまで先延ばしにする残酷

 方向転換をするにも間際過ぎて夏の予定が立たなかった。  2か月前に白紙になった旅行計画。  他の友達をあたるにしても、免許を持ってる人なんていない。  急過ぎた。  夏の旅行に誘っだけど、戸惑ってた。  付き合ってはくれたけど、ツアー申込は行ける場所が限られ、結局近場で間に合わせるしかなかった。  特に行きたい場所でもなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏切りとチープな財布~不快な結末

 何で北海道なんだろう。気が変わって行く気を失くした場所へ。  私の知らない誰かもっと他の友達と、知られないように出掛けるならともかく。目的地が違うならともかく。  同じ仕事をしてる相手と。これ見よがしに。  ショックだった。  それを聞いた時、嫌がらせの様に思えた。  どこか陰湿なものを感じた。     *   *  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

要らないもの~自分を知らない痛さ

 世の中には有能な人、力のある人、魅力的な人が大勢いる。  順調にやって来たパートナーに、自分より優れた人を引き合わせる必要は無い。  そんな愚かなアドバイスをする必要は無い。  スポンサーの役割はプロの臨床心理士と似ている。  カウンセリングと同じ役目を果たしていると言っていい。  その同じ役割をしている有能な誰かに、パート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危険な善意~誤りを正しいと信じる人

 本人は自分の感傷でカウンセリングを勧めただけだ。それを善意だと固く信じて。  私の支援者が善意の塊である事に変わりはない。だから恐ろしい。  善意だと信じて疑わないところが恐ろしい。  意図していなくても、共依存の思い込みの強さは危険だ。人に何かを強く勧めるのは、知識と経験がいる。  本人は素人判断の愚かさにも気づいていない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

操られる人~不安から染み付いた変な癖

 無理しても合わせ、強迫観念に駆られたように動いている。焦りがあった。物事が進まないと不安に駆られた。そうやって、ただ動いている。  自分の意志とは別なものに動かされる。  それが『見捨てられ不安』。  身に染み付いた癖。アダルトチルドレン(AC)の特徴。   *   *   *   *   *   *   *  3月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過剰なメール送信~人を意識操作する危険

 それまで途切れる事無く送信されて来たものがストップすると、何かあるのかと当然思う。説明が遅過ぎる。自己満足の世界だから説明不足になる。  自己完結した世界観がどこかにある。受け取る相手の事が見えない。相手に事情が伝わらない意味を分かってない。  *   *   *   *   *   *   *   *   *  去年秋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最悪のタイミング~素人が心理療法に関わる危険

 支援者のあの平常心がどこから来たのか、よく分かった。   私の支援者である事の高揚感、充足感。それで余裕があったんだね。私の目の不調なんて全く心配してなかったんだ。  ちょっと残念だよ。  現実感が無い。自己満足と自己陶酔。  自分の世界だけで満ち足りて、自分だけで酔いしれている。  *   *   *   *   * …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二枚舌~言葉の重さを知らない女

 私は井上がどんな性格なのか見極める事ができなかった。  「おねだり」に便乗し、「軽口」に同調し流されてしまう。  (その場の空気に合わせたい気持ちが強く。)  その結果、身の丈に合わない自動車運転免許の取得に奔走する。  仮免の時期、丹羽は不穏な態度を見せ始める。  気が変わったのだ。  井上は会えば必ず『夏の旅行だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏切りとチープなお土産~消えない傷

 何で北海道なんだろう。気が変わって行く気を失くした場所へ。  私の知らない誰かもっと他の友達と、知られないように出掛けるならともかく。目的地が違うならともかく。  同じ仕事をしてる相手と。これ見よがしに。  ショックだった。  それを聞いた時、嫌がらせの様に思えた。  どこか陰湿なものを感じた。     *   *  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親切心という名の横暴~傷と損失

 この人と関わっていると、ろくなことが無い。どこか無理して自分が合わせる形になる。不自然な状況だから歪が生じる。関われば関わるほど事態は悪くなる。  *   *   *   *   *   *   *   *   *  井上に手紙を出したら、避けるようになってそれっきり。丹羽は私に運転練習を勧めてきた。丹羽の親が所有する車を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷惑なおねだり~欲しがる女は罪深い

 節約、倹約など考えた事が無い井上理恵。欲しい何かを我慢して貯金した事がないのだ。自分が預貯金できない性格だと知らない。自分を知らない。家族におねだり。それが井上の生き方だから。     *   *   *   *   *   *   *  井上は「また乗せてね。」と軽い口調で言う。  『車を買って乗せてよね。』という意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘え慣れた子と無理して合わせる子

 私は、幼少時から物をねだっても買い与えられなかったり、望みを叶えられなかったので、あきらめる癖が付いてる。  欲しいものを我慢して成長した。  希望を口にしないで大きくなった。  決して願望が無い訳じゃない。     *    *    *    *    *    *  見た目にインパクトがあった丹羽。 おかずクラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷惑なおねだり~欲しがる癖は罪

 節約、倹約など考えた事が無い井上理恵。欲しい何かを我慢して貯金した事がないのだ。自分が預貯金できない性格だと知らない。自分を知らない。家族におねだり。それが井上の生き方だから。     *   *   *   *   *   *   *  井上は「また乗せてね。」と軽い口調で言う。  『車を買って乗せてよね。』という意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惨めで苦しい夏~要らなかった運転免許

 私が住んでいるマンションには駐車場が無い。  建物の壁面に沿って細長い狭い駐輪場があるだけだ。  阪急電車の駅前でJRも近い…。  そういう立地なので自転車すら持ってなくても不自由しない。  両親が離婚し、兵庫県から引っ越してくる時に自転車は手放した。  最初から車を購入するつもりは無かった。  日常、車を使用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏切るのは豊かな家の子~残酷な旅行計画

 電車とバスを乗り継いで教習所へ通った日々。仮免を取る時期が雪の降る季節にかかった。凍えながらバス停で待った。思い返すと涙が出てきた。悔しさは通じない。  *   *   *   *   *   *   *   *   *  井上はズルズルと問題を先延ばしにするだけだったのだ。  言ってる事とやってる事が全く違い。  蓋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踏んだり蹴ったり~親切心に潜む悪意

 私一人が必要ないものを取り入れ、無意味に動いた。  後に残されたのは損害だけ。  元々の計画は完全に無効になり、経済的損失だけを被った。    *   *   *   *   *   *   *  井上理恵には手紙を出したら、避けるようになってそれっきり。  丹羽登紀子は私に運転練習を勧めてきた。  丹羽の父親所有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無残な旅行計画~無責任女が夢を砕く

 自分が言った事に責任持たずに、最後は家族のせいにする。  お金を出さない家族が悪いかのような言い訳。  井上理恵個人との約束のはずが、最後は井上の家族全体と向き合わされてる様な嫌な気分にさせられた。  どんなに時間がたってもこれに納得できない。  井上はズルズルと問題を先延ばしにするだけだった。  言ってる事とやって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯科治療、完了です!

 10月初旬、歯科治療が終了しました。  やっと終わりました。  待ち望んでいた治療の完成。  なのでもっと、弾けるような嬉しさがあると思ってたのですが。  そうではなく、  ゆっくり、ゆっくりと力が抜けて行く、  そんな感じになりました。  長かった。  丸3年は長かった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先約無視~先生を差別する教室

 音楽的な技術は素晴らしい奥さんだったけど、ビジネスライクに仕事をする人ではなかった。  問題がある先生を辞めさせられない弱気な反面、依頼した仕事を何の断りも無く他の先生に回す事があった。  大げさに言うと契約違反だ。  通常の職場では考えられないような事だ。  それが平気で行える人だった。    教室に通い始めて2年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大脳辺縁系の問題~異常な家庭に育った弊害

 家庭に憧れた事はなかった。  高校の同級生が商店街を歩いてる時、幼い子供が通ると「可愛い。」「私も子供が欲しい。」と言っていた。  私には、そういう感情や願望が全くなかった。  大人になってから、職場の女性が小さな子供を見て「旦那は要らないから、子供だけ欲しい。」と言っていた。  それも分からなかった。  子供時代、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯科治療2年8か月目

 1月の再植手術で最後だと思ってましたが、3月になって、奥歯の高さを調整する外科処置を受けました。  外科処置としては再植の方が、高度な技術の要る難しいもの…だと思います。  事前の規則も厳しいし費用もかかりました。  だけど受ける側としては3月の方が結構、キツい感じがしました。  奥歯なので耳に近く、器具で削る音が大音響に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

差別意識と村社会

 そんな感じで奥さんを中心に、村社会に近い輪が先生同士の間で出来上がりつつあった。  ビジネスライクから外れて、どんどん古い因習化していく。  自分よりグレードが下の先生を見下したり蔑んだりしていた。  差別意識は当然あったと思う。  言葉の端々にも出ていた。  先に頼んでおいた仕事、急に他の先生に回して平気な一件は、そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more